自己破産で借金を\0に 一緒に将来設計をしましょう! 自己破産は誤解だらけ。本当は「人生の再スタート」なのです。私たちは自己破産後の将来設計まで、とことんお付合いします。 相談何度でも\0 初期費用\0 手数料分割OK!自己破産で借金を\0に 一緒に将来設計をしましょう! 自己破産は誤解だらけ。本当は「人生の再スタート」なのです。私たちは自己破産後の将来設計まで、とことんお付合いします。 相談何度でも\0 初期費用\0 手数料分割OK!
借金お悩み、今日で終わらせましょう借金お悩み、今日で終わらせましょう
電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時
簡単1分でご相談 無料商談はこちら簡単1分でご相談 無料商談はこちら
こんなお悩み はありませんか? 将来の不安 返済が間に合わない 家族や友人にバレる? 貯金ができない 督促が怖い 借金の事で頭がいっぱい ご安心下さい!自己破産は国の救済制度です 自己破産と聞くと悪いイメージを持ってしまう人が多いようですが、国から認められた生活を再建するための手続きです。 「人生の再スタート」をするために、一緒に将来設計をしましょう。 こんなお悩み はありませんか? 将来の不安 返済が間に合わない 家族や友人にバレる? 貯金ができない 督促が怖い 借金の事で頭がいっぱい ご安心下さい!自己破産は国の救済制度です 自己破産と聞くと悪いイメージを持ってしまう人が多いようですが、国から認められた生活を再建するための手続きです。 「人生の再スタート」をするために、一緒に将来設計をしましょう。
借金お悩み、今日で終わらせましょう借金お悩み、今日で終わらせましょう
電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時
簡単1分でご相談 無料商談はこちら簡単1分でご相談 無料商談はこちら
自己破産の誤解 今住んでいる賃貸アパートは出て行かないとダメなんですよね? 破産すると、全ての財産を没収されるんですよね? ギャンブルで借金を増やしてしまいました。自己破産はできないんですよね? 破産すると、全ての財産を没収されるんですよね? 戸籍や住民票に破産した事実が記載されてしまうんですよね? 今の勤めを辞めなければなりませんか? 家族に迷惑がかけたくないのですが? 自己破産の誤解 今住んでいる賃貸アパートは出て行かないとダメなんですよね? 破産すると、全ての財産を没収されるんですよね? ギャンブルで借金を増やしてしまいました。自己破産はできないんですよね? 破産すると、全ての財産を没収されるんですよね? 戸籍や住民票に破産した事実が記載されてしまうんですよね? 今の勤めを辞めなければなりませんか? 家族に迷惑がかけたくないのですが?

自己破産の申立が仮に大家さんの知るところとなった場合も、それだけで賃貸借契約の解除がされることはありません。家賃を滞納しているなどの他の事情がない限り、賃貸アパートにそのまま住み続けることは原則的に可能です。

浪費行為(ギャンブルや高級品の購入)で借金を増やしてしまった場合、「免責不許可事由(借金の支払義務が免除されない)」に原則として該当します。ただし、破産者が心から反省している、今後一切借金をせず生活再建に取り組むという姿勢を示すことで、裁判所が「裁量」で免責許可決定を下す場合が多いです。

全ての財産が没収されるわけではありません。破産法で定められた範囲(例えば現金であれば99万円まで)、その他の資産に関しては換価しても赤字になるなどの場合(中古車など)は、申立によりこれら資産の保有が認められています。

原則として記載されませんし、選挙権も失うことはありません。ただし管財事件の場合、破産手続期間中のみ市区長村の保管する「身分証明書(破産者名簿とも言われています)」に記載されることになります。

自己破産をしたことを理由に会社は従業員を解雇することは認められていません。自ら退職しなければならないわけでもありません。ただし、警備員や生命保険外交員などの一部の職業に関しては破産手続中は就業できないという制限はあります。

自己破産をしたことで、ご家族がその借金を代わりに支払わなければならないということはありません。ただし、ご家族が借金の保証人である場合は借金の支払義務が残り、ご家族が請求を受けることになります。

借金お悩み、今日で終わらせましょう借金お悩み、今日で終わらせましょう
電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時
簡単1分でご相談 無料商談はこちら簡単1分でご相談 無料商談はこちら
自己破産のメリットとデメリット もちろんデメリットもありますが、借金から解放されるというメリットと比較してみて下さい。 自己破産のメリット 1.全ての債務の支払い義務が免除されます。 2.手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくなります。 3.ある程度の財産は、手元に残すことができます。 自己破産のデメリット 1.借入が今後約5~10年間できなくなります。 2.免責決定を受けるまで、警備員や士業など一部就けない職業があります。 3.住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。 自己破産のメリットとデメリット もちろんデメリットもありますが、借金から解放されるというメリットと比較してみて下さい。 自己破産のメリット 1.全ての債務の支払い義務が免除されます。 2.手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくなります。 3.ある程度の財産は、手元に残すことができます。 自己破産のデメリット 1.借入が今後約5~10年間できなくなります。 2.免責決定を受けるまで、警備員や士業など一部就けない職業があります。 3.住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。
借金お悩み、今日で終わらせましょう借金お悩み、今日で終わらせましょう
電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時
簡単1分でご相談 無料商談はこちら簡単1分でご相談 無料商談はこちら
私たちが選ばれる3つの理由 最大級の店舗数 「全国ネットワーク」 最適なご提案 「自己破産をしないという選択」 徹底した社内研修 「最新の法律に精通」 私たちが選ばれる3つの理由 最大級の店舗数 「全国ネットワーク」 最適なご提案 「自己破産をしないという選択」 徹底した社内研修 「最新の法律に精通」

業界最大級の店舗数により、
全国で様々な問題解決に
関わらせていただいております。
全⽀店の経験・知識があれば、
どんな難しい案件にも
対応できると⾃負しております。

ご相談者様の状況を伺い、
自己破産をするメリットが
無い場合は、
別の借⾦解決のご提案をします。
⽬先の解決だけでは無く、
将来まで⾒据えた安⼼を
ご提供します。

定期的に勉強会を開き、
解決事例の共有や債務整理に関する
知識を深めております。
全⽀店で蓄積したノウハウで、
ご相談者様のお悩みを
解決してみせます。

借金お悩み、今日で終わらせましょう借金お悩み、今日で終わらせましょう
電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時
簡単1分でご相談 無料商談はこちら簡単1分でご相談 無料商談はこちら
所属司法書士の紹介
所属司法書士の紹介
  • 兵庫事務所:福本 達之 まずは司法書士法人ジェネシス(0120-984-008)にご相談ください。
  • 福岡事務所:森山 倫旭 一緒に解決策を考えましょう。
  • 久留米事務所:早崎 里枝 女性の方もお気軽にご相談ください。
  • 鹿児島事務所:長尾 哲也 ぜひお待ちしております。
  • 大阪事務所:田中 陽介 一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
  • 広島事務所:平 信夫 相談ができず一人でお悩みの方。精一杯努力いたしますので、ぜひお電話下さい。
  • 熊本事務所:入江 和男 敷居が低い事務所を目指しています。お気軽にお越しください。
  • 兵庫事務所:福本 達之 まずは司法書士法人ジェネシス(0120-984-008)にご相談ください。
  • 福岡事務所:森山 倫旭 一緒に解決策を考えましょう。
  • 久留米事務所:早崎 里枝 女性の方もお気軽にご相談ください。
  • 鹿児島事務所:長尾 哲也 ぜひお待ちしております。
  • 大阪事務所:田中 陽介 一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
  • 広島事務所:平 信夫 相談ができず一人でお悩みの方。精一杯努力いたしますので、ぜひお電話下さい。
  • 熊本事務所:入江 和男 敷居が低い事務所を目指しています。お気軽にお越しください。
ご依頼までの流れ STEP1.ご予約 まずはお電話・メールでお問合せ下さい。 STEP2.無料相談 専⾨家が⾃⼰破産の
メリット・デメリットをしっかりとお話しします。 STEP3.ご依頼 すべてご納得いただいてから正式なご契約となります。事務所⼀丸となって解決へのサポートをさせて頂きます。 取り立て(督促)が止まります! ご依頼までの流れ STEP1.ご予約 まずはお電話・メールでお問合せ下さい。 STEP2.無料相談 専⾨家が⾃⼰破産の
メリット・デメリットをしっかりとお話しします。 STEP3.ご依頼 すべてご納得いただいてから正式なご契約となります。事務所⼀丸となって解決へのサポートをさせて頂きます。 取り立て(督促)が止まります!
借金お悩み、今日で終わらせましょう借金お悩み、今日で終わらせましょう
電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時
簡単1分でご相談 無料商談はこちら簡単1分でご相談 無料商談はこちら
お客様の声
お客様の声
  • 東京都 / 男性 / 40代会社員 借金総額450万円(月々の返済額8万円) 自己破産後0円(月々の返済額0円)
    借金の経緯

    39歳のときに、不況で会社が大幅に業務縮小し転職せざるを得なくなってしまいました。再就職先を選んでいる余裕もなく、採用を行っている会社自体が少なかったので年収は大幅に減ってしまいました。子どもも2人おり、成長していくにつれて教育費もかかるようになりどうしても月々の生活費が足りないという状態になってしまい、やむなく消費者金融で借入をするようになってしまいました。借金の残高を預金残高と錯覚してしまい気づけば借金を返すために別のところから借金をするという状態に陥ってしまいました。借金総額が400万円を超え、返済額が月給の半分近くになってしまいどうにもならなくなり、相談をすることにしました。

    お客様の声

    借金の整理方法は自己破産のみではなく、民事再生や任意整理などの方法があると説明をいただきました。その上で自分の資産と負債の状態を申告したところ、自己破産手続を選択することを提案いただきました。自己破産という言葉で気がかりだったのは、子どもの存在です。子どもに迷惑がかかったり、心配させたくはなかったので手続自体に最初の頃は抵抗を感じていました。しかし、放置していても借金がなくなるわけでもなく、生活自体がとても苦しかったので背に腹は代えられず自己破産を選択することになりました。結果として、妻には手続に対して協力を得るために全てを話しましたが、子どもには自己破産手続のことを知られることはなく、迷惑もかけることがなく手続を進めることができました。会社にもばれてしまうのではないかと心配しておりましたが、会社にも知られることなく自己破産手続を完了させることができました。今現在は収入も安定してきており、妻もパートに出て家計を助けてくれるようになり、月々の返済に追われることなく安心して生活できるようになったので、相談して本当によかったと思っています。

  • 愛知県 / 男性 / 60代無職 借金総額350万円(月々の返済額6万円) 自己破産後0円(月々の返済額0円)
    借金の経緯

    長年勤めた会社を60歳で定年退職することになりました。その当時は退職金も支給され、収入は下がってしまうものの65歳まで勤務延長ができるということで働きながら年金の支給開始を待とうと考えていました。ところが身体の具合が悪くなってしまい、病院に受診したところ緊急入院、退院後も定期的に治療を継続することが必要な病気にかかってしまいました。働きながら治療を継続することも考えておりましたが、時間的な制約もあり、仕事を辞めざるを得なくなってしまいました。それでも退職金を切り崩しながらなんとか生活ができていたものの、すぐに退職金も底をつき、月々の生活が苦しくなり以前から保有していたクレジットカードでキャッシングをすることになってしまいました。治療が済んだらまとめて返済しようとは考えていましたが、通院も長期に及び、借入を重ねることになってしまいました。4枚持っていたカードは限度額いっぱいまで使用してしまい、次の返済分を借入で補うという自転車操業状態に陥ってしまいました。そうした中、数回返済に遅れた際にカード会社から新規利用の停止を通知されてしまい、家計は破綻状態に陥ってしまいました。自己破産手続を選択するということは抵抗感もあり、返済を再開したいとも考えていましたが収入を得るあてもなく、家計上も返済不能であることを試算で説明いただき、他に解決方法も思い当たらなかったため自己破産手続を選ぶことになりました。

    お客様の声

    私には家族はおらず、資産も退職金の残りがわずかしかありませんでした。自己破産をするにあたって誰かに秘密にしなければならないということはありませんでしたが、借りたものを返さなくてよいのかと悩んでいました。少しでも返済をするべきではないのかと考えてもいましたが、収支を申告して相談したところ、月の余剰資金は全くなく、かえって毎月の赤字部分を退職金で補填して年金の支給開始までギリギリ、ということが判明しました。家計を切り詰めていくにしても限度があり、治療費を減らすこともできないため自己破産手続以外での解決は難しいとのことでした。他に、中古車を1台保有していましたが、私の住む地域は車社会で、車がなければ日常生活もままならないため車を没収されてしまうのではないかということが気がかりでしたが、自動車に関しては査定書を添付して資産価値がないことを申告することで裁判所が保有を認めてくれる場合もあるということをご案内いただき、自己破産手続を進める決心がつきました。自己破産手続により借金を全て清算することができ、何より月々の返済を気にかけなくてよいということで安心して治療に専念することができるようになりました。結果返済のことで毎月頭を抱えていたものが、その心配もなくなり、車の保有も認めていただき生活の再スタートを切ることができました。今では体調も良くなってきたのでパートに出ながら年金を受給し生活をしていくことが可能になり、自己破産手続を選択して結果としてよかったと思っています。返済のことばかりを考えていた頃と比べても、生活自体は楽ではないものの家計が赤字になるというわけでもなく、退職金の残高がどんどん目減りしていく状態は、とても気が重いものでしたので、精神的に安定した生活ができるということは自己破産手続を選択した結果得られたものだと考えています。

  • 大阪府 / 男性 / 50代会社経営 借金総額1800万円(月々の返済額25万円) 自己破産後0円(月々の返済額0円)
    借金の経緯

    私は小規模ですが会社を経営しています。業績自体は悪くはなく、羽振りのいい生活ができていたと思います。100万円使っても200万円稼げばいい、足りないときはつなぎ融資を受ければいいと考えていました。実際その状態で生活に不便を感じるということもありませんでした。ところが主要な取引先の急な倒産により、会社の売上は一気に減少してしまい、運転資金が足りなくなってしまいました。銀行に融資の増額を申込ましたが子と割れれてしまい、急に資金繰りが悪化することになってしまいました。このままでは会社の存続自体が不可能になってしまいかねないほど切迫していたため、商工ローンや消費者金融の事業者ローンで借入を行い、運転資金として注入しておりました。借入が800万円を超えた頃にはもう新規の融資に応じてくれる業者はなく、住宅ローンと合わせて借金残高も1800万円まで増大してしまいました。この頃には、金利負担だけでも相当高額になり、借金の返済のことばかり考えるようになってしまい仕事も手に付かないという悪循環に陥ってしまいました。金融機関には相談し尽くしておりましたので、更に借金をするという選択の余地はなく、金利負担も含めて30年経っても返済が終わらないという状態になってしまい、どうしようもなくなり相談することにしました。

    お客様の声

    会社の業績自体は悪くありませんでした。このため自己破産をすることで会社を畳まなければならないということは絶対に回避したいと考えていました。自己破産をすると会社の社長にはなれないという話を聞いておりましたので、それが一番の心配でした。詳しいことはよく分かりませんが法律の改正があったようで、自己破産手続の申立時には一旦代表取締役を退任しなければならないけれどもその後再度就任することが可能であるという説明を受けました。株式会社ではありましたが株主は私しかおらず、運転資金を投入してはいましたが会社の債務を連帯保証しているということもなかったため会社の方には手をつけず私個人の借金を清算することができればよいという状態であったため、代表取締役に再度就任することができるということは非常に助かりました。返済を再開することも視野に入れておりましたが、実際に会社の収支と私の個人の収支を切り離して試算していただくと、赤字になる月の方が多く、返済再開をしたとしても何かのきっかけで返済不能に陥ってしまう危険性や、会社の運転資金を使ってしまう可能性などを客観的に指摘いただき、自己破産手続を決意することになりました。住宅は手放すことになってしまいましたが、会社のお金と自分のお金を切り分けた場合、実際は月々の余裕はまったくなく、かえって赤字であるという状態のまま返済を再開していたら、今頃会社の運営も不可能になってしまっていたかも知れないと考えると、冷静に、客観的に家計を試算した上でのアドバイスが得られて本当によかったと今では思っています。

  • 女性 / 30代 / 元専業主婦 借金総額350万円(月々の返済額6万円) 自己破産後0円(月々の返済額0円)
    借金の経緯

    私は、ストレスがたまってしまうと衝動買いをしてしまうことが以前からありました。普段は節約生活ができているのですが、困ったことや不安なことがあると物を買って気分転換をするという癖がありました。結婚してもこの癖は治らず、夫婦喧嘩をした時や、ご近所付き合いでいやなことがあったときには手持ち現金の有無に関わらず買い物をしてしまうという状態が続いていました。それでも始めのうちは主人に渡されていた生活費のやりくりと、会社員時代のへそくりでカードの支払はできていました。ところが金融機関の方針変更で、専業主婦の場合配偶者の年収証明が必要、一定金額以上の借入には配偶者の同意が必要ということを通知されてから、どうしても手元現金でのやりくりが難しくなってしまいました。主人には私の買い物癖のことは黙っておりましたので、同意を得るために話をすることができず、同意が必要でない範囲の限度額でカードをどんどん新たに作っていくことになってしまいました。そのことがストレスになり、また大きな買い物をしてしまうという悪循環が続き、ついには300万円以上のクレジット残高にまで膨らんでしまい、主人にも話をしなければならないところまで追い込まれてしまいました。結果離婚することになってしまいましたが、ローンの請求が止まるわけでもなく、どうしようもなくなり相談することにしました。

    お客様の声

    浪費が原因での借金ですので破産は難しいのではないかと不安を感じておりましたが、最近では、「買い物依存症」も病気であると認識されているということでしたので医師の診断書を取得することになりました。結果買い物依存症という病名ではなく不安神経症という診断を受けることになりましたが、いずれにしても心理療法が必要であるということで、蓄えもなく、仕事も探していかなければなりませんでしたので自己破産手続を選択することにしました。相談の際や申立の際に裁判所から叱られるのではないかと不安に思っておりましたが、病気の治療に関しては医療の専門家の領域であるということで、あくまで家計の見直しと収支のやりくりを親身になってアドバイスしていただけたので治療と並行して自己破産の申立をすることができました。裁判所からは反省文の提出を言渡されましたが、書き方も含め相談に乗っていただけたことで、大きな不安を抱えることなく自己破産手続を進めることができました。今は病気の治療をしながらパート収入でやりくりしていますが、近々再婚の予定もあり、あの時全てをさらけだして相談してよかったと心から思っております。今は無駄な買い物は一切せず、身の丈にあった生活が送れています。

  • 東京都 / 男性 / 40代会社員 借金総額450万円(月々の返済額8万円) 自己破産後0円(月々の返済額0円)
    借金の経緯

    39歳のときに、不況で会社が大幅に業務縮小し転職せざるを得なくなってしまいました。再就職先を選んでいる余裕もなく、採用を行っている会社自体が少なかったので年収は大幅に減ってしまいました。子どもも2人おり、成長していくにつれて教育費もかかるようになりどうしても月々の生活費が足りないという状態になってしまい、やむなく消費者金融で借入をするようになってしまいました。借金の残高を預金残高と錯覚してしまい気づけば借金を返すために別のところから借金をするという状態に陥ってしまいました。借金総額が400万円を超え、返済額が月給の半分近くになってしまいどうにもならなくなり、相談をすることにしました。

    お客様の声

    借金の整理方法は自己破産のみではなく、民事再生や任意整理などの方法があると説明をいただきました。その上で自分の資産と負債の状態を申告したところ、自己破産手続を選択することを提案いただきました。自己破産という言葉で気がかりだったのは、子どもの存在です。子どもに迷惑がかかったり、心配させたくはなかったので手続自体に最初の頃は抵抗を感じていました。しかし、放置していても借金がなくなるわけでもなく、生活自体がとても苦しかったので背に腹は代えられず自己破産を選択することになりました。結果として、妻には手続に対して協力を得るために全てを話しましたが、子どもには自己破産手続のことを知られることはなく、迷惑もかけることがなく手続を進めることができました。会社にもばれてしまうのではないかと心配しておりましたが、会社にも知られることなく自己破産手続を完了させることができました。今現在は収入も安定してきており、妻もパートに出て家計を助けてくれるようになり、月々の返済に追われることなく安心して生活できるようになったので、相談して本当によかったと思っています。

  • 愛知県 / 男性 / 60代無職 借金総額350万円(月々の返済額6万円) 自己破産後0円(月々の返済額0円)
    借金の経緯

    長年勤めた会社を60歳で定年退職することになりました。その当時は退職金も支給され、収入は下がってしまうものの65歳まで勤務延長ができるということで働きながら年金の支給開始を待とうと考えていました。ところが身体の具合が悪くなってしまい、病院に受診したところ緊急入院、退院後も定期的に治療を継続することが必要な病気にかかってしまいました。働きながら治療を継続することも考えておりましたが、時間的な制約もあり、仕事を辞めざるを得なくなってしまいました。それでも退職金を切り崩しながらなんとか生活ができていたものの、すぐに退職金も底をつき、月々の生活が苦しくなり以前から保有していたクレジットカードでキャッシングをすることになってしまいました。治療が済んだらまとめて返済しようとは考えていましたが、通院も長期に及び、借入を重ねることになってしまいました。4枚持っていたカードは限度額いっぱいまで使用してしまい、次の返済分を借入で補うという自転車操業状態に陥ってしまいました。そうした中、数回返済に遅れた際にカード会社から新規利用の停止を通知されてしまい、家計は破綻状態に陥ってしまいました。自己破産手続を選択するということは抵抗感もあり、返済を再開したいとも考えていましたが収入を得るあてもなく、家計上も返済不能であることを試算で説明いただき、他に解決方法も思い当たらなかったため自己破産手続を選ぶことになりました。

    お客様の声

    私には家族はおらず、資産も退職金の残りがわずかしかありませんでした。自己破産をするにあたって誰かに秘密にしなければならないということはありませんでしたが、借りたものを返さなくてよいのかと悩んでいました。少しでも返済をするべきではないのかと考えてもいましたが、収支を申告して相談したところ、月の余剰資金は全くなく、かえって毎月の赤字部分を退職金で補填して年金の支給開始までギリギリ、ということが判明しました。家計を切り詰めていくにしても限度があり、治療費を減らすこともできないため自己破産手続以外での解決は難しいとのことでした。他に、中古車を1台保有していましたが、私の住む地域は車社会で、車がなければ日常生活もままならないため車を没収されてしまうのではないかということが気がかりでしたが、自動車に関しては査定書を添付して資産価値がないことを申告することで裁判所が保有を認めてくれる場合もあるということをご案内いただき、自己破産手続を進める決心がつきました。自己破産手続により借金を全て清算することができ、何より月々の返済を気にかけなくてよいということで安心して治療に専念することができるようになりました。結果返済のことで毎月頭を抱えていたものが、その心配もなくなり、車の保有も認めていただき生活の再スタートを切ることができました。今では体調も良くなってきたのでパートに出ながら年金を受給し生活をしていくことが可能になり、自己破産手続を選択して結果としてよかったと思っています。返済のことばかりを考えていた頃と比べても、生活自体は楽ではないものの家計が赤字になるというわけでもなく、退職金の残高がどんどん目減りしていく状態は、とても気が重いものでしたので、精神的に安定した生活ができるということは自己破産手続を選択した結果得られたものだと考えています。

  • 大阪府 / 男性 / 50代会社経営 借金総額1800万円(月々の返済額25万円) 自己破産後0円(月々の返済額0円)
    借金の経緯

    私は小規模ですが会社を経営しています。業績自体は悪くはなく、羽振りのいい生活ができていたと思います。100万円使っても200万円稼げばいい、足りないときはつなぎ融資を受ければいいと考えていました。実際その状態で生活に不便を感じるということもありませんでした。ところが主要な取引先の急な倒産により、会社の売上は一気に減少してしまい、運転資金が足りなくなってしまいました。銀行に融資の増額を申込ましたが子と割れれてしまい、急に資金繰りが悪化することになってしまいました。このままでは会社の存続自体が不可能になってしまいかねないほど切迫していたため、商工ローンや消費者金融の事業者ローンで借入を行い、運転資金として注入しておりました。借入が800万円を超えた頃にはもう新規の融資に応じてくれる業者はなく、住宅ローンと合わせて借金残高も1800万円まで増大してしまいました。この頃には、金利負担だけでも相当高額になり、借金の返済のことばかり考えるようになってしまい仕事も手に付かないという悪循環に陥ってしまいました。金融機関には相談し尽くしておりましたので、更に借金をするという選択の余地はなく、金利負担も含めて30年経っても返済が終わらないという状態になってしまい、どうしようもなくなり相談することにしました。

    お客様の声

    会社の業績自体は悪くありませんでした。このため自己破産をすることで会社を畳まなければならないということは絶対に回避したいと考えていました。自己破産をすると会社の社長にはなれないという話を聞いておりましたので、それが一番の心配でした。詳しいことはよく分かりませんが法律の改正があったようで、自己破産手続の申立時には一旦代表取締役を退任しなければならないけれどもその後再度就任することが可能であるという説明を受けました。株式会社ではありましたが株主は私しかおらず、運転資金を投入してはいましたが会社の債務を連帯保証しているということもなかったため会社の方には手をつけず私個人の借金を清算することができればよいという状態であったため、代表取締役に再度就任することができるということは非常に助かりました。返済を再開することも視野に入れておりましたが、実際に会社の収支と私の個人の収支を切り離して試算していただくと、赤字になる月の方が多く、返済再開をしたとしても何かのきっかけで返済不能に陥ってしまう危険性や、会社の運転資金を使ってしまう可能性などを客観的に指摘いただき、自己破産手続を決意することになりました。住宅は手放すことになってしまいましたが、会社のお金と自分のお金を切り分けた場合、実際は月々の余裕はまったくなく、かえって赤字であるという状態のまま返済を再開していたら、今頃会社の運営も不可能になってしまっていたかも知れないと考えると、冷静に、客観的に家計を試算した上でのアドバイスが得られて本当によかったと今では思っています。

  • 女性 / 30代 / 元専業主婦 借金総額350万円(月々の返済額6万円) 自己破産後0円(月々の返済額0円)
    借金の経緯

    私は、ストレスがたまってしまうと衝動買いをしてしまうことが以前からありました。普段は節約生活ができているのですが、困ったことや不安なことがあると物を買って気分転換をするという癖がありました。結婚してもこの癖は治らず、夫婦喧嘩をした時や、ご近所付き合いでいやなことがあったときには手持ち現金の有無に関わらず買い物をしてしまうという状態が続いていました。それでも始めのうちは主人に渡されていた生活費のやりくりと、会社員時代のへそくりでカードの支払はできていました。ところが金融機関の方針変更で、専業主婦の場合配偶者の年収証明が必要、一定金額以上の借入には配偶者の同意が必要ということを通知されてから、どうしても手元現金でのやりくりが難しくなってしまいました。主人には私の買い物癖のことは黙っておりましたので、同意を得るために話をすることができず、同意が必要でない範囲の限度額でカードをどんどん新たに作っていくことになってしまいました。そのことがストレスになり、また大きな買い物をしてしまうという悪循環が続き、ついには300万円以上のクレジット残高にまで膨らんでしまい、主人にも話をしなければならないところまで追い込まれてしまいました。結果離婚することになってしまいましたが、ローンの請求が止まるわけでもなく、どうしようもなくなり相談することにしました。

    お客様の声

    浪費が原因での借金ですので破産は難しいのではないかと不安を感じておりましたが、最近では、「買い物依存症」も病気であると認識されているということでしたので医師の診断書を取得することになりました。結果買い物依存症という病名ではなく不安神経症という診断を受けることになりましたが、いずれにしても心理療法が必要であるということで、蓄えもなく、仕事も探していかなければなりませんでしたので自己破産手続を選択することにしました。相談の際や申立の際に裁判所から叱られるのではないかと不安に思っておりましたが、病気の治療に関しては医療の専門家の領域であるということで、あくまで家計の見直しと収支のやりくりを親身になってアドバイスしていただけたので治療と並行して自己破産の申立をすることができました。裁判所からは反省文の提出を言渡されましたが、書き方も含め相談に乗っていただけたことで、大きな不安を抱えることなく自己破産手続を進めることができました。今は病気の治療をしながらパート収入でやりくりしていますが、近々再婚の予定もあり、あの時全てをさらけだして相談してよかったと心から思っております。今は無駄な買い物は一切せず、身の丈にあった生活が送れています。

借金お悩み、今日で終わらせましょう借金お悩み、今日で終わらせましょう
電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時
簡単1分でご相談 無料商談はこちら簡単1分でご相談 無料商談はこちら
費用 着手金不要 分割払い可 相談時の費用0円  お客様のご負担をできる限り少なくするために初期費用0円です。もちろん分割払いも可能ですので、安心してご相談ください。 社員一同心よりお待ちしております!
料金表 過払い金無料調査 過払い金が有るか無いかある場合はいくらかを調査0円 基本報酬 発生している過払い金の額が100,000円以下の場合0円 発生している過払い金の金額が100,000円を超える場合もしくは借金が残っている場合49,8000円/債権者1社 成功報酬 発生している過払い金の額が100,000円以下の場合 取り戻した過払い金の額×8% 発生している過払い金の額が100,000円を超える場合 取り戻した過払い金の額×20% 借金が残っている場合 減額できた額×10%
対応地域 弁護士事務所、司法書士事務所を合わせて、9拠点を展開する弊グループでは、日本全国どの地域の事案にもご対応致します。
ご相談料 ご相談は何度でも無料です。
初期費用
(着手金)
初期費用は
一切いただいておりません。
報酬 280,000円(税別)~
400,000円(税別)
実費 ・裁判所に納める印紙代 1,500円
・破産予納金 20,000円
・予納郵券 5,000円
(裁判所により異なります)

破産管財人が選任される場合は、上記費用に加えて
最低200,000円~の予納金がかかります。

お客様に
ご用意
いただくもの
・住民票
・戸籍謄本
・給与明細書の写し
・預金通帳の写しなど
(案件の内容によって異なります)
借金お悩み、今日で終わらせましょう借金お悩み、今日で終わらせましょう
電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時電話で無料相談 0120-984-008 営業時間:平日・土日祝9時~21時
簡単1分でご相談 無料商談はこちら簡単1分でご相談 無料商談はこちら
お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム
お名前必須
お電話番号必須
メールアドレス必須

司法書士法人ジェネシスが運営する全てのウェブサイト(以下当ウェブサイト)では、お客さまからご提供していただいた個人情報を尊重し、プライバシーの保護に努めております。 ここでは、お客さまの個人情報の取り扱いについて当社の方針をご説明します。以下方針をご理解の上、当ウェブサイトをご利用ください。

1. 個人情報の考え方について

個人情報とは、以下の情報により特定の個人として識別できる、照合できるものをいいます。お名前、生年月日、性別、ご職業、お電話番号、ご住所、メールアドレスまた、この情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別できるものを含みます。

2. 個人情報の収集について

当サイトを通じてお客様より個人情報を収集する場合には、予めその目的を明示し、その必要な限度においてこれを行います。又、個人情報を提供するか否かはお客様のご判断で行うことが可能です。 その際に司法書士法人ジェネシスが提供する様々なサービス、特典等が提供できない場合がございます。

3. 利用目的について

個人情報の利用は、原則として同意を得た範囲内で行ないます。また収集目的以外の利用は、司法書士法人ジェネシスの営業上、最低限必要な範囲内でのみ利用させていただきます。

4. 個人情報の管理について

個人情報の管理体制についてお客様の個人情報は、第三者がアクセスできない安全な環境下で管理しています。データの破壊、改ざん、漏洩等が起こらないように体制を整えております。

5. 個人情報の開示について

取得した個人情報は下記の場合を除き、本人の同意を得ることなく第三者に提供・開示しません。

  • 個人情報の開示についてお客様から同意をいただいた場合。
  • お客様個人が識別できない状態で開示する場合。
  • 関連子会社等に必要な限度において個人情報を開示する場合。(この場合、機密保持契約を取り交わすなどの措置を講じます。)
  • 法律にもとづき必要と判断される場合。
  • お客様が第三者に不利益を及ぼすと当事務所が判断した場合。
  • お客様、または、公共の利益のために必要であると考えられる場合。

6. 個人情報の照会・訂正・削除について

個人情報の照会・訂正・削除についてお客様からご提供いただいた個人情報に関して、照会、訂正、削除を要望される場合は、お問合せ対応窓口にご請求下さい。個人情報漏洩防止の観点から、当該ご請求がお客様ご本人によるものであることが確認できた場合に限り、合理的な期間内に、お客様の個人情報を開示、訂正、削除いたします。

7. アクセスログについて

アクセスログについて当サイトでは、アクセスログ解析により、アクセスされたお客様のドメイン名、IPアドレス、ブラウザ種類、アクセス地域、アクセス日時等を集積し、統計分析等を行なっております。この解析は当サイトの運営上の指針とさせていただくとともに、それ以外の目的での一切の使用は行ないません。又、その解析データにつきましても個人情報と同様に厳重な情報管理を行なっております。

8. 免責事項について

免責事項について当事務所のWebサイトで提供する各種情報の正確性につきましては万全を期しておりますが、不正確な記載や誤植を含む場合があります。各種情報は、予告なしに変更または更新される場合がありますが、これらの変更・更新により生じた損害に関しては、当事務所はいかなる保証も行ないません。

9. 著作権について

著作権について当サイト内に掲載されている文字・画像等のコンテンツの著作権は司法書士法人ジェネシスにあります。 著作権とは、表現者が表現した物(著作物)に対して持つ権利のことで、当事務所の作成した写真、画像、文章、レイアウト等すべてにこの権利が発生します。私的使用その他法律によって明示的に認められる範囲を超えて、これらの情報を使用(複製、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等を含む)をすることは、事前に当事務所による許諾がないかぎり、禁止します。

司法書士法人ジェネシスでは、オンライン広告(Google AdWords)のリマーケティング機能を利用しています。Googleを含む第三者配信事業者により、インターネット上の様々なサイトにて当サイトの広告が掲載されています。Googleを含む第三者配信事業者はCookieを使用して、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信しています。お客様はGoogle広告のオプトアウトページにアクセスして、GoogleによるCookieの使用を無効にできます。また、Network Advertising Initiativeのオプトアウトページにアクセスして、第三者配信事業者によるCookieの使用を無効にできます。リマーケティング機能については「Google AdWords リマーケティングの仕組み」をご覧ください。広告のプライバシーについては「Google AdWords 広告のプライバシーに関するよくある質問」をご覧ください。

Message

お問い合わせ内容を送信しました。
確認次第お電話またはメールにてご連絡致しますので、しばらくお待ち下さい。